2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« セミナー報告 | トップページ | 木曾義仲の真実 »

2011年4月16日 (土)

人類は全員兄弟

北陸大地震があってずっと記事を書けなくていた。あの大災害にコメントできる人がどこにいるのだろう。復興を強く祈ります。

National geographic の番組でスペンサー・ウェルズ博士の血液中のDNAを調査することにより人類のルーツと世界中に広がってゆく経緯が明らかになってゆくドキュメンタリーを見た。DMAの僅かな間違い、「マーカー」を調査してゆくと驚くようなことがわかるのだ。どの人がより人類のルーツの直系に近いのか正確に分かるだけでなく、アフリカのたった一人の人からどのようなルートを通って世界中に広がってゆくのかが分かる。それによると約4万年前、氷河期の地球でにサンブッシュマンから言葉の違いによって分かれた人たちがアフリカを離れ、インドの海岸線を歩き、一部はどうやってか海を渡りオーストラリアへ、その他は中央アジアに移動した後ヨーロッパ、私たち東アジア、アメリカまで広がって分かれていく中で環境に順応し、肌の色、背丈、手足の長さなどを変化させてきた歴史が科学的に証明される。寒い地方の人間は手足が短くなり、暖かな土地でくらすと身体を冷却するために手足が長くなるのだ。-50°の世界で手袋無しで平気な人まで登場。彼は背中にまともな荷物すら持たずに6日間人一人いない雪原を歩いて戦車に乗った人との待ち合わせに出かけるのだ。零下数十度の世界でどうやって寝るのか?道無き道でなぜ迷わないのか。人間とはどうしてこんなに強いのか、ただただ驚いた。ともかく、、、人間は全員正真正銘、兄弟であり、とてつもなく強い生命力を持っているのだ。多少のことで具合が悪いとか言うのを止めて、4万年以上生き抜いてきた祖先に思いを馳せよう。Jouyama               松本城山公園の今日 olympus penEE3

« セミナー報告 | トップページ | 木曾義仲の真実 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538886/51405207

この記事へのトラックバック一覧です: 人類は全員兄弟:

« セミナー報告 | トップページ | 木曾義仲の真実 »