2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月27日 (土)

潜在意識は強い

確信が深ければなんでもできるし、確信が浅ければなんにもできない。

来月11日に新宿は「スバルホール」で行われる、ジョイントセミナー

にも「思考のすごい力」の内容をお話しすることになり、まとめ作業を

行っているさいちゅう。「信じればいいんだよ」とはよく言われること

ではあるが、十中八九うまくはいかない。三軸修正法はそのところを

ちゃんと分かっているので、「ポジティブシンキング」はほとんど意味が

ないどころか、かえって自信を失うばかりだといつも生徒さんに話して

いる。あなたの潜在意識はそんなに簡単に操作できるほど弱くはない

のです。だから非常に強力な仕組み(信じられれば自動にうまくいく)

なのだが、不幸なことに両親やすぐ身近な人からプログラムされて

しまっている内容が、大人になって不都合なことばかりなのです。

小さな頃はたしかに両親の言うことを聞く「いい子」は生きやすい。

でも、社会に出て、人からいわれるままのいい子なんてどれほどの

価値があるのでしょうか。意識して「僕は強い、すごい、ついてる」

などと言ってみても潜在意識の内容と食い違う場合、必ず潜在意識

側が勝つ。下手に反抗した分まで栄養にしてより本当に信じている

ことが強化されてしまうのですね。 これを変えるのはかなり常識

ハズレ(根性の正反対だから分かりにくい)の忍耐が必要ですよ。

Imgp9154
沖縄で学生の長男、帰ってきたら三線の弾き語りをし始めた。信州とは180度通り越して
360度違う文化だと思いました。つまり結構飲んだ席で馴染める。不思議な感じです。
でも、何言ってるのか全然わかりませんねえ。

2011年8月26日 (金)

ドレミファソ

子供は高校で合唱部に入っているらしい。ピアノはまったく

弾けないが、「ドレミファソファミレド」だけの練習がかなり大事

と聞いて、一緒に始めた。学校のピアノで何の気無し「ドレミファ

ソファミレド」と弾いていたら、クラッシックピアノをずっと習っている

生徒と、ジャズピアノ風の即興演奏が好きな生徒が背中越しに

上から手を出してちょっとしたセッションになったらしい。

「ドレミファソファミレド」とゆっくり弾くだけのピアノ演奏も出来る

人と合わせれば音楽していて楽しかったらしい。きちんと音楽を

やっている人は「ドレミファソファミレド」を決してバカにしない。

練習する過程で必ず通過する場所。価値のある訓練なのだと思った。

さて、手技治療で必ず練習すべきコトっていったいなんだろうか。
Imgp9147
ギター趣味の人と親父が一緒に店に行って買ってきたクラッシックギター
値段よりもひとつひとつ弾いてみて下から上まで音の粒がそろっている
のを確認するべき、とか、そんなに違うのかなあ。これも10分練習の最中。

2011年8月25日 (木)

信念と治療

一冊、3日間で300P強熟読して、特に印象深い部分を紹介。

不治の病を催眠療法で治してしまった駆け出しの医師の話が

面白い。イボだと思って催眠療法を試みたところみごとに完治

したのだが、実は遺伝に関わる難病で、治ったことが話題になり

患者が押しかけた。しかし、、その後は治療効果があまりな

かったというのだ。最初の患者はすっかりただのイボだと思って

いたので治ることを確信(催眠で治すなど今聞くと変だが)して

いたのに、話題になって、初めて難病と知ってしまった。

その途端、治ると信じることが出来なくなって治癒できなくなって

しまったという。

親父に聞くと、「当然、当然。確信がないんじゃ
なんにも出来ない」

との返事、さすが、職業を何度も何度も変えただけある。

治療の方法は数多ある。それぞれに良くなる患者さんが居る。

どの方法でも効くのか、,いや、名人とそうでない人がいる

そうなると、この「思考のすごい力」にあるように絶対の「確信」や

「信念」があるかどうか、、このへんをじっくり研究したほうが

いいかもしれないと思えてくる。当然「どうやって信念を深めるか」

をだ。これなら分かる。根性じゃ絶対にうまく行かないのです。

Sansin
息子が沖縄で弾いている三線(さんしん)このヘビの皮は合成皮革です。
本物はよっぽど注意しないとかびたり、割れたり、扱いが難しいのです。
沖縄民謡、パンチのある三線の音色に聞いたことのない言葉、それでも
どこか日本なんだなあと思わせる不思議な雰囲気があります。
10分間ピアノ練習も継続中。やっと左右の手で「ド~上のド」をゆっくり
往復できるようになってきました。こりゃ、焦ったら続かんねえ。

2011年8月22日 (月)

DNAは遺伝にあらず

石田先生からいただいたブルース・リプトン著「思考のすごい力」を読んでいる。

今2/3を読み終えたところだが、、、「思考」までいかないのに非常に驚いて

いるのです。僕たちは天文学的にたくさんの生物、生物と物質との境目の

ウィルスなどと共生しながら生きている。身体の治療などにたずさわっている

人ならこの現実的なものの見方を認めている人が多いだろう。例えば大腸菌と

自分自身はよきパートナーなのであってどちらが上でどちらが下だとかどちらか

がどちらかに一方的に寄生しているという関係図をもとに話をする人は百年

遅れていると言ってもよい時代だと思うがこの本の前半に書いてあることは

どうだろう。「細胞同士が種を越えて遺伝子を共有しあって変化している」と

書いてある。例えば環境からなにか情報を得たトマトを食べたら食べた人には

その情報がもたらされ、その人の身体が変化して行くのだ。つまり環境が、

五感を通してだけでなく、直接自分の身体を変化させるという意味だから、もう、

妄想がとまらない。出来るだけ美しい環境、機嫌の良い人、元気な動物

生き生きとした植物のできるだけ近くにいることこそが、自分の健康を

維持することだということである。

怒りっぽい隣人からありとあらゆる手段により自分に影響が及んでからだが

直接変わって行くとしたら、、「はきだめに鶴」のような状況は考えにくい、

「朱に交われば朱くなる」のだ。あ、そうか当たり前のことが書いてあるわけ

か。いや、DNAの情報のやりとりが種を越えて起きているのが当たり前だ

という情報はあたりまえじゃないぞ。勉強が嫌いな子供に、親が漢字を

間違えても「成績の良いこどもと一緒にいるとDNAが良くなるぞ」と言える

ようになるのです。このテーマはかなり楽しめますね。

Imgp9135
これ、縄文おやきの里、夏の34度の気温にもめげず本当にいろりでおやきを
焼いて出荷している。まったくの手作り。どこにも機械が見当たらないのは
いまどきめずらしい。ゆっくりゆっくり縄文時代のたて穴式建造物の内部です。

2011年8月19日 (金)

簡単なことからわかること

おととい、ピアノ、ただゆっくり「ドレミファソ」を片手で弾くだけの

練習を始めました。「こんなことから始めても一生なんにも曲に

ならないかも」と思えるのですが、「正しい練習」とはなにかに

という興味と、治療も同じコトと言うならば、小学生に戻って

やってみるだけです。5つの音をなるべく大きくそろえるように。

右手で「ドレミファソファミレド」と何回か弾いてみたとき!

ちょっと気がついてしまった。「この自分の小指はなんなのか?」

別にそのつもりじゃないのにピコッと小指が立ってしまうという

よりもそうしないと弾けないのです。こんなピアニスト見たこと

ないですね。薬指など、強く弾こうと思えば他の全部の指が

真っ直ぐに伸びちゃう。

いやいや、、人がやることに良い悪いの判断をしたり、批評を

することは簡単ですが、、こんなことすら現実には出来ないのです。

精進あるのみです。しかし、1日に10分しか練習しないですから

これでなにが出来るようになるのか、楽しみでもあります。

Yubi

2011年8月17日 (水)

楽器の最初の一歩

昨日、このブログでギターの練習のことを書いたら、アシュラム・ノヴァ

からご意見をいただいた。実は主催者M先生は本格的なピアノの先生

なのです。「メトロノームに合わせての練習は上級者でも難しいし、特に

ゆっくりのテンポは無理」とのお言葉にもう、無条件に降伏しました。

そこで、1日10分でも基本から練習したらピアノを弾けるようになりますか

と聞くと「それなりに出来るようになります」とのこと。とてもとても恐い

のですが、1日10分でなにをどんな順番に練習するのか興味がふつふつ

と湧いてしまったので、とりあえずの課題に挑戦してみるコトにしたのです。

先日医者になった大学生が置いていった(そのうち取り戻しに来ると思う)

クラビノーバで、最初の課題は片手で「ドレミファソ」の練習。(ドレミファソ

ラシドまでも必要ないそうです。)「大きな音で」「ゆっくり」引き続けること

からスタートです。さて、どうなることやら。三軸修正法の教室では「なにか

楽器を弾けることは治療に必須」と教えている。リズム、テンポ、強弱、

いつでも同じ再現性、どこがどのように手技に必要なのか、体験してみる

コトにします。続くように祈って下さい。(^_^;)
Yama
こちら鬼無里に近い小川村の山々かんかん照りのあと、通り雨が降りました。
すると湯気が山からもやもやと立ち上り面白かったのでパチリです。

2011年8月15日 (月)

テンポ40でスケール練習

池上研究所にはギターとウクレレがなんと20台以上

あります。東京のアシュラム・ノヴァにも何台かあるので

合わせて25台あるかも知れません。とにかく飽きやすい

性格の一家が住んでいるので、同じ楽器で練習を続ける

など出来ないのです。

ところが、最近心境の変化が起きて、プロ(患者さんにも

たくさんいらっしゃる)の言っていることを素直に聞いてみる

とどうなるのか、、という話題が出るようになってきました。

手近に置いてあるトモ藤田さん(バークリー音楽大学)の

ギター練習、半音ずつ上下するだけのスケールでテンポ

は40!がほとんどのアマ名人には出来ない。ということが

書いてある。ipad(なんにでも変身する凄いマシン)に150円

のメトロノームソフトをインストールし、とにかく試してみた。

いやいや、、ぜんぜん聞けたもんじゃない。テンポはバラバラ

で音質もメチャクチャ、「ああ、本当はこんな実力なんだ」と

思い知ったのでした。

なんでもそうですが、スローで出来ないもののスピードを上げて

誤魔化すのはどんな職種でも一番悪い見本です。

やってみたらすぐわかるいい例でした。反省。さて、これから

地味な練習が出来る人になれるんでしょうか?

Imgp9128 白馬みねかたのホテル、レストラン  「バ・ブロー」はもう秋。
コスモスが猛暑など無視するように咲き競っていました。



2011年8月14日 (日)

ためらったらダメ

お盆の真ん中で池上研究所は白馬とそのもう少し東にある

鬼無里(きなさ)という村まで出かけた。この辺は「おやき」を

売り出して最近有名になってきたところ。

あるワイヤーアートの先生と出会いたいと思ったわけである。

鬼無里のおやきの店、本店で実際に制作に立ち会い話を

聞くことが出来た。

大切なのは、治療ももの作りも同じ。僕ももの作りの会社を

25年経営してきたのでよく分かるのだが、考えながら作ったもの

はまず、売れない。さんざん試行錯誤して作り上げたものは

そのままだと完成度は高くても売れない。ではどうすれば

いいのか、、、考えて完成したものを一度全部捨てる。

そして、勢いでサクッと作ったものはたいがいよく売れるのです。

今日の作家も全く同じコトを仰っていました。

出来るだけ手元は見ない。そして、途中で手が一度でも止

まったら捨てるしかない。まずいいものにはならないからだ。と。

まったく大賛成!!!!!!その通り。親父にもいつも聞

いている。施術の途中で考えたらもうダメ。よどみなく迷わず

最後までスムーズに流れなければならない。 どれも同じです。
Wire Wire2

2011年8月10日 (水)

屋根で花火見物

松本で行われる最大の筑摩神社の花火を見物した。この花火
不況で3年ほど中止されていたものだが、めでたく今回復活した。
我が家は二階建ての屋根の一部に屋根裏部屋が半分埋めこまれた
形になっていて、この屋根裏から屋根の上に簡単に出られるのだ。
屋根の勾配が非常に緩やかなので安心して歩ける。
この屋根裏から3km先の花火がよく見えるのです。なぜ、3kmと
わかるのでしょうか、そう、中学生の知識で空気中の音波の伝搬速度は
1秒間に約340m、ピカッと光ってからドドーンと音がするのにだいたい
10秒かかるので、距離がわかります。
Blue White Green Pink

2011年8月 9日 (火)

朝顔の葉っぱを脱色したことある?

中学生と勉強しているので今日は光合成の実験をすることに

した。必要な薬剤は「エタノール」と「ヨウ素液」の2種類ちなみに

朝顔は部屋から出ないで窓から葉っぱを取ることが出来る。

こういうことは理屈をいくらこねても実験一つに叶わないのです。

とはいえ、今日の実験、,できあがりが「成功」とは言えない見た目。

実験の成功も、コンピュータシミュレーションと同じ、出るべき結果に

合わせて作り上げるしかないのです。ここにも主観が入ってくる。

エタノールで脱色はそんなにすぐには出来ません。やってみれば

分かる。エタノールの沸点近くの温度で10分以上煮ないと教科書の

色になりません。それからヨウ素液につけるとき、かなり薄めないと

全部が真っ黒状態になります。教科書には全然書いていない。

どんな実験の仕方をしても教科書通りのサンプルが出来るわけじゃ

ないんですね。どの実験も、、狙って、自分に都合良く作っているん

だとすぐに分かりますから、薬局に行ってエタノールとヨウ素液を

買いましょう。
Nidasi ここまではとてもきれいですね。エタノールが緑色になりました。
Dassyoku脱色するのに時間が掛かり、いじっているとすぐに破れます。
Youso  ここで、ヨウ素液の原液を使うと次のようになってしまいます。この間10秒
Kekka_2
結果はこの通り、「ふ」の部分が白く残るはずが、、これじゃあ、、ちょっと。

2011年8月 8日 (月)

松本の震災

以前に報告したとおり、池上研究所は地震による影響がまったく

無かった。それでも半壊の家が20棟近く出たのだから、震源に

近い家は大変だったはず。今日見えた患者さんの親子はその

まさに生き証人だったのです。

スチール棚が倒れるほどだったので、他の本棚なども中身が

全部出て、土壁が剥がれて地震直後には土煙がもうもうと

立ちこめていたそうです。「これで死ぬんだ」と本気で思ったらしい。

近所の人で自宅の前の道路が川のように波打っているのを見た

ひとも居たそうです。

普段からとても明るい人たちなのですが、震災後にはご飯がのどを

通らずに地震の起きた8時40分になるとドキドキするとか。

ご飯がのどを通らずに娘さんは10kgも痩せたんですって。

これって、凄くいい情報でしょう?確かに雰囲気がかなり変わって

、、主観ですが、、、、きれいになりました。

Happa
自然観察会にて、last Sunday この日、一カ所で探してなんと蝶が41種類記録
されました。信州の自然もまだなかなかたいしたものです。自然を大切に。

2011年8月 6日 (土)

朝日カルチャーにて

住友三角ビルにて三軸修正法講習会の第二回目アットホーム

な雰囲気で、参加者は治療のプロの他にも営業畑の方など

多彩な顔ぶれ。身体の健康に関する講習会だから誰かれ無く

人間の身体を持っている人ならだれでも関係者なのです。

例によってほとんどなんにもしていなように見えるのに身体の

可動域や、安定度が変化してしまう体験の連続。よくよく考えて

みれば、大昔卑弥呼の時代から病気直しはご祈祷や読経、占い

と精製していない薬草(トリカブト事件のときに、いくらこの毒草を

もっていても濃縮技術がなければ致死量に出来ないことを学んだ

でしょう)で済んでいた。つまり現代科学からするととるにたらない

ことで、治る人は治っていたのです。その方が先なんだから

触らないで1秒で身体が変化しても不思議がる必要はないです。

いつから腰が痛いとき数十分も身体をもんだりしないといけない

のがマジョリティーになったのでしょうか?車で松本新宿間を

往復して。普通中央道で帰るところを関越自動車道で帰りました。

なぜかって?その方が楽しいから。この感覚、大事ですね。
Imgp9037_2


2011年8月 4日 (木)

視力回復 も からだの調整

最近休みに中学生の宿題を手伝っている。中学生は本当に作文が

苦手だ。「小さな親切」という題ならどこどこでこんな親切をしました

「気持ちよかったです。」とか「いいと思いました。」で終わり。

テレビゲームとマンガ、挿絵のない文章を読むことがないと、見本を

見たことがないのに作文を書くことになるだから容易でないだろう。

起承転結の4要素の材料をできるだけそろえて順に書けばいいだけ

なのにいきなり結論でおしまい。400字詰めの原稿用紙1枚がやっと

で終わってしまったら後に伸ばすのは誰でも難しいよ、と教えてあげ

ている。うまくインタビューするとどの子もなかなか子供らしい鋭い

視点で、とても豊かで素晴らしい主張を持っていたりするのだが

文章を読んでいないから表現のしかたがわからないだけなのだ。

そんな子のひとりが「暗いところで本を読むと目が悪くなる」と両親

に怒られるが、自分自身はものを近くで見すぎると疲れて目が

悪くなるのだと意見文を書きたい。というのでいっしょに調べ物を

した。すると現在「遺伝的要因」などはあまり関係なく「暗いより明

るすぎる環境が視力を落とす」ということになっているらしい。

このような環境での仮性近視は身体の調整をして、例えば本を

読むときの姿勢が楽になるように調整すればかなり治ってしまう。

こんな見方は他にあまりないので、一言で「目が悪い」と言わないで

欲しい。

Imgp9830         松本市の夏祭り「青山様」町内の家々を回って歩く。一時より小学生が増えている。 

2011年8月 3日 (水)

松田選手がんばれ!

松本山雅 の松田選手が倒れて意識が戻らない。

松本に住んでいるものにとって松本山雅FCはとても大きな存在で

山雅を応援しているのは地元の商店、銀行その他、生活に密着して

いる部分、ありとあらゆる場所に山雅の文字が見受けられる。いまや

松本市内で買い物をすると、いろいろな形で山雅の応援をしている

ことになるほどだ。そんな中、期待の星の松田選手のニュースには

松本市民の受けた衝撃は大きい。

松田選手が倒れたときは、温度24・6度、湿度が70%以上、しかも、

曇りだった。練習も軽いランニング程度だったし、ほとんど直射のない

状態で、熱中症が原因であることは考えにくいと報道されている。

元気な人ほど不調に気づかないうちに問題が大きくなっているらしい。

松田選手の回復をお祈りして、今一度自分の体のことを思いやろう。

2011年8月 2日 (火)

循環呼吸法 オーボエは世界一演奏が難しい楽器

松本市はスズキ・メソードの本拠地があることで有名だが鈴木鎮一記念館

にて日本を代表するオーボエ奏者渡辺克也さんのミニコンサートがあった。

鈴木先生のご自宅でのコンサートには主に才能教育の関係者が集まり、

鈴木先生を偲んで続いている小さなコンサートは座席数は数十名に限定

される。渡辺克也さんは以前から池上研究所に演奏前に身体の調整をした

り、よく知った方なのだ。この日の朝も調整をして、「非常に右手をよく使う

曲なので」とお話し下さっていたのだが、指が回りすぎるオーボエの奏者

がどの曲も物足りないので超スピード、超超絶技巧の曲を作ったのだとか。

それはそれは人間わざとは思えないし美しい曲を堪能しました。

そこで、演奏前に「循環呼吸法」という、楽器を吹きながら同時に息を吸う

わざ、を披露してくれて、一定の音を何分も吹き続ける様子は直接体験

しないと信じられないと思います。本当にすごい!オーボエはギネスブ

ックに「世界一演奏の難しい楽器」と登録があるらしい、そのまた超絶技巧

ですから、、、、普通、コンサートの帰りにはその楽器が演奏したくなるも

のですが、まったく無理としか思えなかった。ため息の日曜日でした。

Imgp9027

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »