2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« テンポ40でスケール練習 | トップページ | 簡単なことからわかること »

2011年8月17日 (水)

楽器の最初の一歩

昨日、このブログでギターの練習のことを書いたら、アシュラム・ノヴァ

からご意見をいただいた。実は主催者M先生は本格的なピアノの先生

なのです。「メトロノームに合わせての練習は上級者でも難しいし、特に

ゆっくりのテンポは無理」とのお言葉にもう、無条件に降伏しました。

そこで、1日10分でも基本から練習したらピアノを弾けるようになりますか

と聞くと「それなりに出来るようになります」とのこと。とてもとても恐い

のですが、1日10分でなにをどんな順番に練習するのか興味がふつふつ

と湧いてしまったので、とりあえずの課題に挑戦してみるコトにしたのです。

先日医者になった大学生が置いていった(そのうち取り戻しに来ると思う)

クラビノーバで、最初の課題は片手で「ドレミファソ」の練習。(ドレミファソ

ラシドまでも必要ないそうです。)「大きな音で」「ゆっくり」引き続けること

からスタートです。さて、どうなることやら。三軸修正法の教室では「なにか

楽器を弾けることは治療に必須」と教えている。リズム、テンポ、強弱、

いつでも同じ再現性、どこがどのように手技に必要なのか、体験してみる

コトにします。続くように祈って下さい。(^_^;)
Yama
こちら鬼無里に近い小川村の山々かんかん照りのあと、通り雨が降りました。
すると湯気が山からもやもやと立ち上り面白かったのでパチリです。

« テンポ40でスケール練習 | トップページ | 簡単なことからわかること »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538886/52498141

この記事へのトラックバック一覧です: 楽器の最初の一歩:

« テンポ40でスケール練習 | トップページ | 簡単なことからわかること »