2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 視力回復 も からだの調整 | トップページ | 松本の震災 »

2011年8月 6日 (土)

朝日カルチャーにて

住友三角ビルにて三軸修正法講習会の第二回目アットホーム

な雰囲気で、参加者は治療のプロの他にも営業畑の方など

多彩な顔ぶれ。身体の健康に関する講習会だから誰かれ無く

人間の身体を持っている人ならだれでも関係者なのです。

例によってほとんどなんにもしていなように見えるのに身体の

可動域や、安定度が変化してしまう体験の連続。よくよく考えて

みれば、大昔卑弥呼の時代から病気直しはご祈祷や読経、占い

と精製していない薬草(トリカブト事件のときに、いくらこの毒草を

もっていても濃縮技術がなければ致死量に出来ないことを学んだ

でしょう)で済んでいた。つまり現代科学からするととるにたらない

ことで、治る人は治っていたのです。その方が先なんだから

触らないで1秒で身体が変化しても不思議がる必要はないです。

いつから腰が痛いとき数十分も身体をもんだりしないといけない

のがマジョリティーになったのでしょうか?車で松本新宿間を

往復して。普通中央道で帰るところを関越自動車道で帰りました。

なぜかって?その方が楽しいから。この感覚、大事ですね。
Imgp9037_2


« 視力回復 も からだの調整 | トップページ | 松本の震災 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538886/52407789

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日カルチャーにて:

« 視力回復 も からだの調整 | トップページ | 松本の震災 »