2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 世界一安全な車  でも、突然爆音が、、  | トップページ | 自分の膝が10秒で治った »

2011年9月20日 (火)

どんぐりころころ と 身体の変化

池上研究所ではいつでもありとあらゆる手段で身体を

変化させる研究をしている。早い話、人間はセンサーの

塊なので、非常にたくさんの情報を取り入れて頭でいちいち

考えることなく適切に動いて生きている。

外部の情報の中には、押された、引かれた、撫でられた

叩かれた、などの「施術」によるものばかりではなく、

「音を聞いた」「風が吹いた」「いろいろなモノを見た」

「温度が変化した」「圧力が変わった」など情報も含まれる。

今日はオペラの歌手の患者さんなので、音には敏感だ

と思い、歌のフレーズを口ずさんでもらって身体がどう

変化するのか実験台になってもらう。結果、こんなことで

具合の悪かった身体が良くなって帰られたのだ。

音や音楽の部分には聞いたときに心の印象が生まれ

変化する。だから心地よくなったりするのだ。何も感じない

ならば音楽などというものは意味がないから存在しない。

ひとつの思考によって体調は変化するから精神病も

あるし、不可能を可能にするアスリートも生まれる。

ならば唄を歌ったくらいで当然なにか感じれば身体は

変化するに決まっているから「どんぐりころころ」でも

「春の小川」でもなんでもいい。音を出したら身体が

瞬時に変わる。ただ、そんなことをやってみる人がいない

だけなのだ。ただ、その中にも規則性がある程度ある

から研究する価値も生まれる。どうやら唄の最後の音が

どんな音なのかに大きく関わっているようなのだ。

Kingyo
この金魚、飼い始めてから数ヶ月で1.5倍にはなった。食欲旺盛
でどんどん大きくなる。一匹ずつ性格が違って結構かわいい。

« 世界一安全な車  でも、突然爆音が、、  | トップページ | 自分の膝が10秒で治った »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538886/52782285

この記事へのトラックバック一覧です: どんぐりころころ と 身体の変化:

« 世界一安全な車  でも、突然爆音が、、  | トップページ | 自分の膝が10秒で治った »