2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 神戸へ | トップページ | アシュラムの集中講座 »

2011年11月16日 (水)

内田邸

内田先生の道場 凱風館 のお披露目から帰ってきました。

写真もたくさん撮らせてもらったけれど、個人のお家でもある

ので、そのホンの一部の誰にでも見える部分を公開。

こんな一部だけでも相当の道場と家だろうと分かってしまうのです。

 

Utida2
こちら通りから見た外観。内田先生直筆の看板の前で写真を撮っているのは

 

うちの親父です。道場荒らしが来たら看板だけもってさっさと帰ってくださいとの

ことですが、今時そんな人居るわけ無いです。

 

Utidadoujou こちらが道場の入り口、シャワー室もたくさん完備。この道場の床のタタミ表は

 

なんと本物の琉球畳です。70畳の大空間の奥には山本画伯の抽象的老松が。


なぜ、合気道の道場に老松か、といいますと奥様が能楽師だから畳を移動する


と、そこには能の舞台が現れるという多目的スペースだからです。たくさんの人


が様々な思惑で集う場所。そして先生はオーナーよりも末永く100才まで管理人


に徹するとお話しされていた姿。いつにも増してとても素敵でした。


ご報告まで。今はまだ誰の名札も掛かっていませんから是非入門されるといい


と思いますよ。入門資格は???誰でも受け入れてくれると思います。


松本から神戸へ通うわけに生きませんけれどとても快適な空間です。


哲学の寺子屋としても利用されるらしい。神戸近隣の方恵まれてますね。

« 神戸へ | トップページ | アシュラムの集中講座 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538886/53258144

この記事へのトラックバック一覧です: 内田邸:

« 神戸へ | トップページ | アシュラムの集中講座 »