2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月11日 (日)

月食で首が痛い

10年に一度あるかどうかという絶好の月食観測チャンス

時間もなかなかいい。そういえばちゃんとした皆既月食は

曇っていたりして一度も見たことがないのに気がつき、

(テレビで見たものを自分の体験のように錯覚していた。)

デジタル一眼にフィルム時代の300mm望遠ズーム+2倍の

テレコンバータをつけるとなんと!!換算上900mmの

超望遠レンズと言うことになるのです。望遠鏡にはまったく

及ばないけれど。感度1600で1秒以下のシャッタースピード

だとは、、良い時代になりました。
Moon1 10時10分頃はまだきれいな丸のまま。お月様はきれいだ。
Moon2 10時30分頃にはかけ始めました。ちょっと薄曇りです。
Moon4 10時50分程か、このまま消えてしまうような気がします。
Moon5 だいたい11時丁度頃、完全に赤い月になりました。カメラだと明暗差が出る。

月が赤くなるのは地球の大気で曲げられた太陽光の赤い色の成分が割合的に

多いからです。昔、月食を天変地異の前触れとか、○○への貢ぎ物が足りない

だとか、為政者が民を統治する道具になっていた。暦を征する者こそ勝者に

なり得たのです。どんなことでも、知っている者が有利な構造が確かにあります。
Moon6

12時頃なんとなく明るい部分が出てきました。そろそろ月も地球の影から

表舞台に復帰する時です。約1時間、天球に漂う真っ赤な巨大天体。

しくみを知っている現代人でも、不気味な、そして幻想的な光景でした。
Moon8

だいぶ光が戻ってきました。赤い月ともお別れです。
Moon9 それにしても頭の真上を眺め続けること2時間。さすがに首が痛いなあ。

でも、真っ直ぐ立っているのが楽になるように調整1秒。痛みは半分以下

になりました。人間の体は本当にうまくできています。

2011年12月 4日 (日)

モダンタイムス

 非常に久しぶりに成り行きでチャップリンのモダンタイムス

をDVDで見ることになった。したいことがあったので乗り気でなかった

自分だが、映画が始まるやいなやあの無声映画の独特な世界から

意識を離すことが出来なくなった。自動食事機械のトウモロコシが

超高速回転で回り出す頃にはもう腹がよじれてどうにかなるかと

思うほど笑ってしまったのだ。

 産業革命以降、作業の機械化が進めば進むほど街には失業者が

溢れる。そんな時代のお話しだ。マルクスが資本論の中で解明した

法則の通り、高度に機械化がすすむなか世界中が失業で苦しんで

いることは。1950年にはチャップリンに限らずわかりきっていた。

なのに、なんの解決策も得られないで今に至っている。経済学者

ほど役に立たない職業はないとどこかに書いてあったっけ。

さて、チャップリンのモダンタイムス。後半、レストランで歌詞を

忘れたはずのチャップリンが身振り手振り、みごとな一人芝居

を演じた際にチャップリンが初めて自身の声を披露したのだが

「ティティナ」
←(youtube)というこの曲の歌詞、何語かよく分からない

と思って調べると本当にでたらめで何語でもないらしい。

世界中で楽しめる無声映画にこだわったチャップリンの皮肉だ

そうだ。ずっと好きだったが、また、一段とこの映画を愛してしまった。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »