2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 電池のいらないラジオ | トップページ | 工業英語の翻訳をしました。 »

2012年4月 6日 (金)

一生に一度はお伊勢参り

4月の年度替わりで、というわけではないけれど背負い込んだ

ものが重くなってくると??!お伊勢様へ置きに行ってくることに

しています。いいですよー!
やっぱり日本中の神社の総本山ですからね。

確実に軽くなるのを感じます。患者さん相手の方は思い切って出かけ

られたらいかがでしょうか。

伊勢神宮とよく呼ばれますが、ここは「神宮」と呼ばなければ

なりません。他の神宮とは格が違うのです。間違えないようにしましょう。

今回はなんと、だいぶ遅いようで、五十鈴川と神宮周辺に桜が咲いて

いました。非常に祝福された感が強くてありがたさも倍増ですね。


_igp2108
橋を渡ったところに桜が咲いていました。この「右側通行」の立看板、お伊勢参り
経験者なら記憶にあるのでは?
_igp2173 このお馬はただの馬とは違います。2010年7月に皇室から献納された神馬

「国春号」です。いつも馬房は空でなかなかお目にかかれないとまわりで

見ている人が口々に言っていました。今日は特別。ありがたいことです。

_igp2181 こちら神宮の錦鯉です。うちにいる20cm近くにもなったフナ金君たちも

こうなって欲しいものです。左下の赤黒鯉、美しい。見とれてしまいました。

私はこういうところに来るとなぜか、「シャッターを押してください」とすごい

頻度で頼まれます。今日は中国のカップル、なんとなーくそっと近づいてきて

「エクスキューズミー」、、「オーケー、オンリープッシュディスバタン?」

「ワンツースリー!」「サンキュウ」「ヨアウェルカム」みたいな感じ。

アジア人同士が下手な英語で会話しあうという奇妙な体験をしました。

国際交流の一幕に日の丸が桜の頭の上、遙か高くにたなびいていました。

« 電池のいらないラジオ | トップページ | 工業英語の翻訳をしました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

社寺案内、特技なんです(笑)。神宮でも大社でも隅々ご案内できます。こんどご一緒させてください。

お久しぶりです。一昨年の秋の集中セミナーでお会いして以来ですね。3月末に、お伊勢参りしてきました。神宮内にいることを思い出すだけで、体が軽くなります。実際は、赤福・伊勢うどん・焼きたてどら焼きで体重は増えてます。またお会いしたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一生に一度はお伊勢参り:

« 電池のいらないラジオ | トップページ | 工業英語の翻訳をしました。 »