2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月28日 (木)

8がWindows7になって使いやすくなりました。

Windows8  に スタートボタンを追加するソフトを入れて、あれこれ

手を加えたら、結局Windows7になってしまいました。

これで一度も8のスタート画面、タイルが並んでいるあの画面を見ずに

なんでもできるようになりました。何をするにもこの方が手間が少ない

のはどうしてでしょうか?本当に不思議です。

Desktop

2013年3月27日 (水)

Windows8 は謎

Pro_Poseの今後のサポートとバージョンアップのためには

どうしてもWindows8とはどんなものか、また、今の3Dセンサーが

きちんと動作するのか確認する必要がある。

雑誌の紙面でWindows8については調査していたのだがようやく

我が池上研究所にもWindows8ノートパソコンがやって来た。

ショップの店員に「使い方説明してもらえますか?」

「スタートボタンは?」 「どうやって終了するの?」

とまったくの素人と同じ質問をどしどしぶつけると、どうやら

ソフトの起動画面が四角くてのっぺりした「タイル」という見た目

になった以外はWindows7と全く同じだという。ソフトを終了

すると、Windows7の画面のままになってタイルに戻らない。

「じゃあ、どうしてWindows8になったの?」と聞いてみた。

「いやー、、そう言われますと~・・・」との答え。ちょっと困る。

とりあえず一台購入。 インプレッションを述べる。

この「スタート」という文字、オシャレじゃないのでなんとかしたい。

Windows8_2


はい、起動画面のタイルには「使いたいソフト」じゃなくて

ユーザーに「使ってほしいソフト」がずらずら並んでいるが

15個ほど消して、メモ帳やペイントというアクセサリソフトを

付け加えたらこんなにシンプルになってしまった。

当たり前のことが非常にやりにくくなり、今までのユーザーに厳しい。

Windows7と比べて使いやすくなったと思ったことは無し。

Windows8になって初めてできるようになったことも無し。

いままでのスタートボタンがタイルになって使いにくくなっただけ

のような気がするのは私だけだろうか?大画面で単色の

画面を何秒か眺めているのはかなり辛い。

Music

どうやらソフト開発も今までより難しくなったそうだ。ウィンドウズ

よどこへ行く。アメリカンドリームをもう一度見せてくれ!

企業では半分がWindows7残りの半分はまだWindowsXPを使って

いるらしい。その後画期的なアイディアが出ていないからだ。

ノートパソコンの立てた画面がタッチ出来ても肩が疲れるだけ

、体を調整しないといけなくなることは絵を描いてみたらすぐにわかる。

指の油でせっかくのきれいな画面が汚れてしまうならタッチしない

人が多いのでは。

Pro_PoseをWindows8にすると、ソフト自体じゃなくてWindows8の

使い方がわからない人が多くなるような気がするので実用的には

Windows7を選ぶのがよいのだろうと思った。Microsoftさんごめんなさい。

2013年3月14日 (木)

九州で三軸講習会

三軸修正法講習会のお知らせ

今年も池上先生を福岡にお招きして三軸修正法講習会を開催いたします。
三軸修正法を治療やスポーツ、様々なジャンルのスキル向上、日々の
快適生活のために役立てていきたいと思っております。
 九州において、三軸修正法創案者の池上先生の指導を受けられる貴重な
機会です。多くの皆さんのご参加をお待ち申し上げております。

日時  2013年4月28日(日) 午前10時 ~  午後4時(休憩含む) 定員50名 受講料 20000円(昼食付き) 場所 アクロス福岡  6階 608会議室    福岡市中央区天神1-1-1/Tel 092-725-9111 主催 申込先  福岡三軸自在の会 /アース★ワークス Tel/Fax 092-725-3108

毎年恒例の九州セミナーです。
アース★ワークスさんいつもありがとうございます。


松本市 アルプス公園にて。 美ヶ原方面を望む。

2013年3月 5日 (火)

Q点は心のふるさと

本のタイトル、何にも書いてないところをじっと見る。

とにかく文字と文字の間の何にも書いてないところをじーっと数秒見る

これでなにが起きるのか。なぜかスーッと気が落ち着いてくる。

僕はここが、「心のふるさと」だと確信しています。疲れたらいつでも

ここに戻ればいいんです。Q点 とはQuiet Point 静かな場所です。

和風に呼ぶなら「空点」とでも呼びましょう。どうせ名前のつかない

場所ですから。

Imgp0598
こんな時計、数字と数字の

間にQ点は見つかる。

じーっと見ていると、

何か感じるでしょう。

広がり、落ち着き、解放

そんな感じかもしれない。

   良かったら お試しあれ。

こちこち動いているところの近くはちょっと探しにくいです。

2013年3月 2日 (土)

Q点を見つけると

Q1_2  三軸修正法とは、なんなのか?この問いが一番

必要だった人間、それがあろうことか私自身です。
でも私自身は、常日頃ほとんど直感を頼りに
生きています。
「そんなことない!」と思ったらよく一日の生活を
振り返ってみましょう。ほとんど覚えていない。
実際自動運転がほとんどですよね。全部考えると多分とても疲れます。
なんでも頭で理解しないと納得しない人がいたら、私は全員大切な友達と
感じてしまうのです。 とくに頑固な職人さんなんか大好きです。
          「 Q点 」 と勝手に名前も付けました。
そこで、生きるのに理屈がほしい人にひとつ遊びの提案があるのです。
こんなふうに本が並んでいたらImgp0580_2 
下に目をやって、タイトルと著者の
あいだに白いすきまがあるでしょう。
字と字のあいだとか。何にも書いて
ないところです。
そこを3秒ほど「ジーっ」と見てください
本のジャンルはぜんぜん関係
ないんです。マンガでも、わずかなすきまがあればいいんですよ。
Imgp0542_2 最初は白と黒の本が分かりやすい
ですけど、タイトルと作者のすき間
とか、白いだけで別に注目する必要
ない所を「ジー!」っと数秒見るだけ。
お手元にある本がいいです。
すると、、、何か、感じませんか? 「スーッ」と気持ちが落ち着いたり、
鼻づまりが治ったみたいな感じです。僕は深呼吸したくなりますね。
反応は人それぞれみたいですけど、誰でもなにか感じるようです。
私のことだからもちろん理屈はあるんですが、多分、どこにも書いてない
でしょう。今、見つめた「Q点」は、考えすぎで半身不随になっていた
少年時代から40年。考え続けてやっと見つけ方が分かった点です。
Q点は、心配性の人や不安な人、頭を使って考える人にはより何かが
はっきり分かるようです。
反対に直感で生きてお気楽な人にはそもそもQ点の意味がないと思います。
だから、手近な本でなにも感じられなかったら、「幸せだなー」とか「私、何にも
考えてないかも」とか都合のいいほうを選んでくださいね。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »