2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

煩悩からの解放に修行なんて、、、いらない。

今回神戸セミナーでお話しする機会をいただいたのです。参加者の皆さん本当にありがとうございました。いろいろ失礼なことを申しましたが、皆さんの感覚の鋭さに驚きました。
やはり日頃の訓練で見えないものを見ようとしているのですね。すばらしいです。

青空を見るならここを見なさい に毎日更新している謎の矢印写真

こんな矢印を見て、「スーッ」と広がりを感じることが出来たとして・・・

それでなにか出来ることがあるの?

 何の意味があるの? 

             について一日お話させていただいたのです。

普通に考えると無意味ですよね。でも・・・
今回の参加者の皆さんの中から、もしかしたら
とてつもなく大きな事を可能にする人も現れるかもしれません。

         そうだったらいいなあ。
では出来ることの一つ、急にとっても小さくてごめんなさい
         「1分間考えることを止められるよ」
なんだ、つまんねー! と思う無かれ、書店に並んでいる本の何冊かの中

に必ず「不可能なこと」あるいは「困難なこと」の例として書かれていると

思いますよ。長い修行の先に特別の人だけが可能に出来るのです。
でもね、会場で「出来ないこと」の例として試していただいたら、なんと

5人以上の方が「出来ました」と言ってくれる。一人(喫茶店のマスター)を

のぞき、矢印の真ん中を見る練習をしてみてもらった人でした。
本当につまらない挑戦ですが、Q点に通じるこの矢印の真ん中のような所

に意識を向けていると、音は聞こえるし、目を開いていたとしても、

「何も言葉が浮かんでこない」あるいは

「なにもアイディアがわき上がってこない」

時間を過ごすことが出来ます。自分がここにいるとも思わないですよ。
「青空を・・・」ブログで毎日練習していただければコツが自然に

分かってくると思います。僕は数分間その状態を維持できますが、

あまりにおもしろくないのでやめます。

ところが、「思考を止められる」ことを目標みたいに思って修行している

人が絶対にかなりの人数いるはず。だって思考しなければ煩悩から

解放されるのだし(その時間だけはね)、特別な能力の入り口だと

考えられているから。別に滝に打たれたりしなくて体験できますよ。
チャネリングの本にはこれを練習し続けていると

宇宙人と交信できるように書いてありますよ。ともかく、思考を止めることは

スピリチュアルな人には非常に非常に大事なことなんです。

それが簡単にできるようになってしまうのです。 多分誰でも。

興味のある人にはたまらないでしょう、、、でも、、本当にそれで特殊な

能力が芽生えるのでしょうか? 分かりません。当然責任も負えません(^_^;)。
Photo
    言わずと知れた「 くいだおれ太郎」ですが、「本物、見たかったんだー!」
ああ、でも、、かなり気持がいい状態だとはお伝えしないと。「気持ちいい」とも思わずに。

2013年4月25日 (木)

スワニーのバッグを修理

旅行用キャリーバッグのスワニー を使い始めてもうかれこれ7,8年経つ、今回


神戸でセミナーがあるから荷造りをと思ったら息子が伸縮ハンドル壊れてるから。

と言う、え!修理に出している時間もないし、、、治しちゃおう。治療家だから。

早速分解。半分はこのハンドルの中の構造が前から見たかったという気持もある。

7カ所にあるリベット止めの部分は容赦なくドリルで破壊。こんなのステンレスの

ボルトに変えた方がよっぽどしっかりするぞ。でも、ネット上でこの伸縮ハンドル

は修理できないので丸ごと交換とどこのサイトでも書いてある。そんなわけあるか

と最後まで分解して、理由が分かった。スワニーさん、この部品は華奢すぎま

せんか?たった1.5cm位のプラスチック部品から突き出ている直径2mmの

棒に、多分ボタンに手をかけてバッグにもたれたら3kgから5kgは掛かるでしょう。

ここまでばらしたら仕方ない、この極小部品を作るしかない。

幸いナイロン系のエンジニアリングプラスチックの塊を発見、これを電動のこ

で形に切ってゆくこと15分、穴を空けそれからグラインダーで微調整して

できあがり、組み立ててみたらこれがなんと!見事に動くじゃないですか。

リベットも全部ステンレスのねじに変わり、最初よりグレードが上がりました。

全体に全部ばらして見た結果、このバッグは価格もいいが、しっかり出来

てます。この部品以外は壊れるわけないとおもう。これからも長いこと使い

続けられそうです。問題のこのプラスチック部品、ついでにもう一つ作ってある

ので、もう安心。修理に出すと6000円から7000円ほど。それをねじが

600円でしたが、かれこれ2日間で3時間以上かかりました。

これは、、、直ったのも偶然だから、修理してもらった方がいいね。(^_^;)

Photo

Imgp0832
Imgp0840
Imgp0841
Imgp0847
だいぶ年季が入ってきたけれどこんなに手をかけたんじゃ

もう捨てるわけにはいかないなあ。これがエコなのか

どうなのか、、、、わかりません。

オートポイエーシスとは

羽中田さんから一冊の本をいただいた。すでに絶版の新書版


「オートポイエーシスの世界」と書いてある。これはいったいなんだ

ろうか全く分からなかったのだが、サッカー指導の研究上浮かんで

来たものらしい。開いて数ページで「ああ、これは三軸修正法そのものだ」

と感じた。オートポイエーシスという耳慣れない言葉は1970年にチリの

チリの生物学者ウンベルト・マトゥラーナフランシスコ・バレーラ

により提唱された概念だ。日本語では「自己創出」と訳されている。

今までアリストテレス以降見えるもの、に注目し、その範疇で世界の

成り立ちを解読しようと私たちはどうしても思ってしまうが、この、

新しい(といっても40年前)視点を受け入れると同じ世界かと思えるほど

身の回りが違って見えるのだ。ただ、現代の常識に染まった我々には

入門書のこの著作にしても最初の数十ページに耐えるだけで大変

だろう。それでも、そこを乗り越え、定義を理解し、オートポイエーシス

的見方システムが徐々に回り始めれば、それほどとりあえず取り付くのには

難解すぎるわけではない。

なによりも、コミュニケーションにおいて自分のシステムと相手のシステム

は全くお互いに閉じているので、与えられるのは相手に対する「 
攪乱」

だけだという情報はまさしく三軸修正法そのものであり、「壊せば治る」

とぴったり一致している。

私がもっとも嬉しかったのは、心の表象と「私」は別であるとはっきり

書いてあること。自分の心は飼い犬と同じような
ものなので、思うような

反応もしないし、コントロールする方法も絶対こうなる方法など無いが

よく分からなくても、そのなかにちゃんとつきあい方があるという

その辺の現実世界の不確かさから得られる一種の「味わい」が

いちいち理屈で納得できる。非常に頭人間の気分を良くして

くれるすばらしいプレゼントを、本当にありがとうございました。


Imgp0814_2

2013年4月19日 (金)

ごろ寝ゴールデンボール

アシュラム・ノヴァの会員さん花谷貴之先生

が「腰痛が消える!ごろ寝ゴールデンボール」を出版された。

腰痛持ちが多いというテーマに取り組んで長年の研究成果が

結局とてもシンプルな方法に落ち着くというのはなかなかない

ことで、簡単な操法なのに応用範囲が広い健康法なら沢山の

人にすぐ受け入れられると思うし、反響もかなり大きいとのこと

なので、今後に大いに期待。こういうときに「ちょうどいい」大きさ

硬さのボールといっても探すとなると大変だし、それが適切なの

かは書籍からはなかなか分からないものだが、なんと、この本

には一番いいボールが付属しているのです。かってすぐに試して

腰痛が治ってしまったら、こんなにいいことはないですね。

池上研究所にも何冊か有るので是非お声かけください。

Photo

2013年4月18日 (木)

行間に空白の無い手紙

立川市の朝日カルチャーセンターで武術家の光岡英稔氏と精神科医の

名越康文先生のセミナーに参加した。フリートーク形式だったのでいろいろ

話題が飛ぶが、その中で名越先生が

「病んでいる人の手紙の特徴は、空白が無くてビッシリ、書いてあることです」
と仰ったので、  「やっぱりそうなんだなあ~!」とうれしく感じました。
本がずっと読んでいられる方法」 では、まさしく行間のすきまを見ると楽に

なると書きました。こういうところを見なくなると、、、危ないかも知れませんよ!

小説や詩集の作者や編集者は空白部分の形にこだわりがあると聞きました

何もないところは非常~に大事なんです。

空白を見なくなったら生きるのが大変になっていくし、反対に意識して
「空白」を見るようになれば幸せが感が増えていくと知っているんです。

青空を見るならここを見なさい」は、「空白」を見つけるのにどうしていいのか

忘れてしまった現代の人の助けになるでしょう。そんな写真たちです。
Photo_2
朝日カルチャーセンターのテーブルの上に生けてあった
斑入りのポトスかな? とても美しく感じました。

2013年4月15日 (月)

「心なければあれども見えず」 が嫌いな人!28日に

今月連休の28日、神戸で初めての「三軸修正法感覚練習会」が開かれます。

三宅接骨院とアヴ・オヴォさん主催のこのセミナー、私が講師を


つとめます。池上先生からすると”頭の固い”私、ご存じの通り

Pro_Poseという装置、その他、スプリンクラーのヘッドに穴を100個

空ける機械のプログラミングをしていたくらいなので、理論が繋がる

ことが大好きです。「治療」「施術」の世界は様々なセミナーを受け

ましたが、頭が固い人からするととても不思議な世界なのです。

勿論!ケガが治ってゆくメカニズムは絶対です。骨折で1ヶ月かかる

ものが一週間で完治することはあり得ない。これは物理的でとても

気持ちいい。医師と接骨院の専門分野はとてもすっきりしています。

でも、それ以外の不調全般について八百万の施術法があって、全部が

それなりの効果を上げるということは私自身があちこちで体験しましたが

おかしいのです。時代が進んで前より理屈が分かって来ている。ならば

理屈上は収斂されて一つになっていかなくてはなり
ません!

そこで、
敢えて、私のような「頭の固い人」でも「直感」を理解できる

セオリーを
作りました。治療界もっともアンタッチャブルな禁忌といえます。

「心なければあれども見えず」これは父が数十年前に、ある
指圧の学校

で教えてもらった言葉、この時「では先生、
どうやったら見えてくるの

ですか?」「なにが見えているのですか?」と聞けば、きっと帰れ!

と一喝されるでしょう。そうやって実際、父はその学校から追い出

されてしまいました。学生が、当然持つ疑問を聞いてはいけないのです。

しかし、ちゃんと当たり前のことを繋げていくと、ちゃんと説明

できて、「見えた!」と確信が持てるものです。簡単な事なのですが

私は頭が固いので数十年掛かってしまいました。笑うに笑えない(^^;)。


あなたが白っぽいか金キラの着物を着てあらぬ方角を指して

「ここだ!ここに間違いない」

と自信
満々に言い放つのなら、それは「霊感」だとだれもが思う

でしょう。
もちろん、本当にあるかもしれない。でも、空間の一点を

自信をもって
指し示すだけだったら誰でも出来るようになるのです。

それはすべての
人が持っている当たり前の感覚であって、多少の練習で

出来ること。施術が「決まった!」という感じも同じ事なのです。

だから、機械屋からするとわけが分からないことでも自信満々に言える。

普段から当然のように使っている感覚なのに意識的に使っていない能力

それを周りで見ている人が勝手に価値を与えてくれるのですね。

いや、本物はいるのかもしれない。勉強する前からすべてを知っている

ダライラマのような人、本当に霊魂と話をしている人、いないとは

言えません。でも私には見えないし、私が患者として体験してきた

施術を行うのには全く必要ない
と思います。三軸修正法でも

「確信を持てれば自分が変わる。すると今までと違う関係になる」

と言っています。それでは何の理由もなくても「確信だけ」得られる方法

もありですね。

不思議ですてきな世界だったものをただのメソッドにしてしまう。

私と三軸修正法は小さな罪を犯しているのかもしれません。

2013年4月14日 (日)

国営アルプスあづみの公園

かねてから一度行ってみたかった 国営アルプスあづみの公園  を

二時間ほど
歩いてきました。池上研究所のすぐ近くに無料の公園では

日本一の規模を誇る
アルプス公園があるので、なかなか足が伸びな

かったのです。
いやーさすがに国営です。まだ花が咲いているわけでも

ないし、人影もまばらですが
手入れの行き届いていること、その面積、

なかなかのものです。

Imgp07232
ルリタテハ
Imgp0719
クジャクチョウ
Imgp0675
タテハチョウ(正確な名前は不明)

木々を手入れしないで伸び放題のジャングルになっていると実は

林が暗くてチョウが来ません。歩いている間に適当にカメラを

構えるとこのくらい写真が撮れるほど飛んできてくれました。

これらのチョウは目にとまるように派手な色合いをしています。

これは、周りの鳥に「危険だぞ」と言っているのだと思います。

チョウは人間の目と見える光の種類が違うので人間から

みて、派手ならメスを呼んでいると思ってはいけないのです。

Imgp0683

 チョウは目立ちますが、それも一瞬。その他の人工物が

目に入らない自然の様子を見てください。どこに焦点を合わせたら

いいのか分からない複雑で優しい色合いの自然を見て

いると、多分Q点など探す必要は無いのですね。

 私はこのような豊かな自然の風景を見ても「何にもないじゃん!」

とつまらなく思った子供でした。特に目立たないものが大事なことだと

は到底思えませんでしたよ。でも、、それがすでにおかしいのです。

公園で遊んでいた子供が石を拾って「また見つけた!」と

両親に叫んでいました。気持ちが家のテレビゲームに向いている

のではなさそうです。こんな子供ならきっとスクスク元気に

育つでしょう。 見ている私もにこにこしてしまいました。

2013年4月11日 (木)

三秒間のリフレッシュをどうぞ

ちょっと他のブログに飛びますが「青空を見るならここを見なさい」

 →  http://blog.goo.ne.jp/mamegoro6

という連載を始めました。写真を毎日撮って掲載しているのですが、

どこにも説明がないのでこちらでしますね。

なにせ、初めてのことなので定まるまで方式が変わるかもしれません。

45arrow

さて、この写真の全体を見てから矢印の中心あたりを「ジーッ」と3秒間見てください。

たったそれだけです(^_^)  すると、、、、何か感じませんか?

人によって感想はいろいろですが、今までに体験してくれた人の言葉を借りると

「なんか、スーッとするような気がします。」

「頭の回りのなにかがフワーっと広がったような気がする。」

「脳が空っぽになった気がします。」

「ああ、わかります、分かります」  ← 他に言いようが無いと思いますよ。

「急に落ち着きました。不思議です。」

「最近 自分が穏やかになってきた気がします。」← ひと月実践してもらった人です。

「なんだかホッと楽になりました。」 

そして、私のいつもの感じですが
              「広がって、深呼吸すると空気がおいしい!」

そんな感じなんです。同じ写真で何度でもそんな感じがします。何回か

体感していると必要なくなりますが、なんとなく落ち着かなかったり、

イライラしたり、意味もなく不安だったりしたときに気に入った写真の矢印の

先を「ジーッ」と3秒ほど見てくださいね。

私が子供時代に心を病んでいたときから、ずっと探していた「Q点(quiet point)」

を絵で表現するとこんな感じなのです。まだ説明した人は極々限られますが、

イメージの世界の話なのでなかなか難しいです。Q点(名が無いので勝手に

こう呼んでいます)は意識の焦点の場所です。目で見えるのと

違うのですが、この写真を「ジーッ」と見ているとき、多分あなたの意識は

あなたのQ点、にいるはずです。

「青空を見るならここを見なさい」 にはまだ5枚ほどしか写真がありませんが、

池上研究所、とアシュラム・ノヴァ からの毎日のプレゼントです。気に入った

一枚が見つかるようにできるだけ毎日写真を撮りますね。

2013年4月 7日 (日)

マンモスの頸椎

松本の隣の塩尻市にある博物館、「地球の宝石箱」へ行ってきました。
冬の間お休みですが、4月からは無休です。この石の博物館に入って
本当に驚いたのは、思っても見なかったほどのコレクションの豊かさです!

それもそのはず鉱研 というボーリング機器の製造会社が経営している
のであって、世界中の地層や鉱物資源を調査している中で集まった
ものを展示、気楽に見せてくれていますが本当に素晴らしいコレクションだ
と思います。国立博物館のような立派さです!

私と妻は石を見るのが好きなのです。石は私たち人間の足下を支えて
くれる非常に大事な物質です。目立たない、動かないといって面白くない
などと言っては罰が当たります。太古の動物が化石になって現代に情報を
伝えてくれていますよね。


---------------  でも  -----------

糸魚川のヒスイ海岸は"いけてなかった"

ヒスイをこんなに拾った!結構目利きじゃん!

喜んでドライブインで机に広げていたら、

店主が「ああ、残念、全部違うねえ」と、ひとこと

 ・・・ (-_-) ・・・  今度こそやります。


これ、マンモスの頸椎です。

Imgp0603

Imgp0604

どうですか、我々の椎骨と全く同じ構造ではないか!!
脊髄が通るための椎孔、上下の椎骨で椎間孔を形成
する構造、棘突起まで人間の解剖図そのまま。
ただ、大きさからするとこれが25個程度重なったならば
3m
以上の脊椎だから足と頭で10m弱の人間になるかと
思います。宮崎アニメの巨神兵の椎骨だとおもうと
楽しいですね。

勝手に撮ってしまったので怒られるかも、でもそれより

ものすごく価値のあるミュージアムだと思うのでお勧めです。

2013年4月 3日 (水)

本の修理には『のこぎり』 が必要!

以前からお世話になっている長沢先生(英語の参考書の著者です)

から20年前に出版されたご本をいただいたのです。長沢先生の
本は大きめのどんな書店にも置いてあるほどで、なんと通算250万部!!
の実績です。なぜか気に入っていただいて、何冊か私も校正のメンバー
に入れていただいているのですよ。
その本が到着して次男が読み始めたのですが、さすがに20年前の本
なので、、ページがぼろぼろ抜けてしまいました。修理か何かしないと
崩壊してしまいます。
そこで、ネットで「本の修理」と入力すると、全国の図書館で修理を担当
している方々の名人芸が沢山ヒットします。早速試してみました。
201304012044000
これは背表紙の裏側4,5ページずつはがしてゆくと、
チーズの千切りみたいなもの。固化した糊がぼろぼろとれます。
これを出来るだけきれいに取り去ります。
木ぎれとシャコ万力二丁で即席の固定具を作り、しっかり
本をまとめて固定します。
201304012043000
この状態で古い接着剤を完全にサンドペーパーで除去します。
その次に、、、です。信じられない作業が待っている!
Photo
絵がみっともなくて申し訳ない。な、な、なんと!
本の背に当たる方にのこぎりを当てるのです。

みなさん、ご自分の近くにある本のページを二つに割って
分け目をよく観察すると、点、・・・、点 となにか見えるでしょう。
背を糊で固めた本がコストを抑えるために増えていますが
その際、しっかりと糊を働かせるためにこのように溝を
つけた跡なのです。もうちょっと上等なものはこのようにして
入れた溝に麻糸を埋め込みます。

のこぎりで溝をつけた背に普通の木工用のボンドを擦り込む。
出来れば、背に薄い布かしなやかな紙を貼り付ければ
基本的に本が再生できます。

20年程度時間が経って、紙が茶色っぽくなっていたらもう
限界かもしれない。そのとき、この作業をしてくれる業者
に頼むと数千円かかる。大事な本ならそれもいいが、
もう一度読めればいいなら試してみればいかがですか?


本の修理に必要なもの。 万力、木ぎれ、木工ボンド、
 
        そして! のこぎり です。

2013年4月 2日 (火)

池上研究所の先生がケガ

201303300622001

こう見るともう何でもないようですね。表も裏も紫色で、きっと
どこか折れているのでしょうが、ここまでたったの10日です。
76歳で、一日も休むことなく治療しました。
三軸修正法だから出来る技です。そういえば私が整体を
教わったとき、親指一本で腕立て伏せできると豪語していた
先生がいたのですが、加えた力は治療効果と無縁だと
池上研究所は考えています。そして、今回良さが最大限に
でました。実は10年ほど前にも池上先生は小さな交通事故
で手を骨折。そのときも一度も治療を休むことはありません
でした。
これだけ早く治った秘密は、当日から体のバランスを調整。
(池上先生のメインテナンスは私の役目。治療できるんですよ
皆知らないけれどね。)これが大事です。翌日からあちこち、
直接の患部以外のところが痛み始めましたが、そのことまで
考えると本当にケガした日に調整するのが大事です。家庭でも
簡単な整体(もちろん強く押したり、しないでOKなのですが
今までプロ養成しか行ってきませんでしたから、本当に便利
なのですけれどね、残念です。そうそう、とても三軸修正法で
基本的な知識をひとつ。肩がこっているときにはその部分を
揉んだりしないほうがいいですよ。全くの素人さんはその
反対側の肩でも揉んでください。その方がケガしないし、楽に
なります。)
神戸の三宅先生にも東京で丁寧に診ていただいたし、アシュラム・ノヴァ
でももちろん調整、そして、とても効果のあるオイルをいただいて
マッサージもしたのです。皆さん本当にありがとうございました。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »