2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月18日 (火)

金魚の出産その後

Photo
6月始めに生まれた卵、針子から稚魚に変身してゆく過程です。
HPをあちこち探してみるとこの段階で20%程度まで自然に
淘汰されても当たり前のように描いてあります。
ところが、多分500から700匹ぐらいはいるだろう我が家の金魚
達は、ほとんど数匹しか死なずに大きく育ってゆきます。
これは大きな喜び、でも特大の誤算です。
これら、かわいいのは良いんだけど、全部育ったらどうしようか
フナなんだから川に放流するか、そのまえに金魚すくいの
練習につきあってもらうか、、どうしよう、誰か4,5百匹くらい
もらってください!
おなかに付いた栄養の袋がなくなり、活発に泳ぎ始めている。

7

約1週間後 浮き袋らしいモノはみえるが、口と消化器官が
まだ完成していない様子。まだ食べにこない。

10
約10日後
11
約12日後 明らかにえさに寄ってきてもぐもぐ食べている様子。
 
12
約13日後
 
14
約14日後
 
15
約15日後  直腸の最後からりっぱな糞がニョロニョロ出てくる。
16
約17日後  身体が変形すると思われるほど腹にえさを詰め込む
 
17
約18日後
   
どうです、この見事なまでのスケスケルックは。
スケルトンとは骨格のこと。それより内蔵の中身が見える見える。
「金魚の赤ちゃん用えさ」を撒くとスッ、スッと見事に近づきかなり
果敢にえさに食らいついています。このように写真に写っている
消化器官の内容が、朝になるときれいになくなり、シラス状態に
なっている。
半分は和金だが、半分は赤白のぶちのコメットになる予定、
あくまで希望的予測です。そのほうが、多分もらってくれる子供が
多いんじゃないかと思っているのですが、、、どうでしょう。

2013年6月 5日 (水)

三軸修正法セミナーのご案内

池上研究所では30年前より一貫して体の健康をどのように

とらえればよいのか、健康に生活するために体を痛めるような

運動がどうしても必要なのかという問いに対して「人はもともと

快適に生きるために必要なすべてを持っているのに、考え方

が常識にとらわれ自由でないために、何もしなければどんどん

健康を害するような錯覚にとらわれ、必死に努力することで

かえってつらく生きている」と答えています。

人は特別な健康法なしにもっと快適に生きられる。そのことを


治療法を学ぶひとたち、患者さんにお伝えしたいとさまざまな

セミナーを開催しています。

        これからの三軸修正法セミナー予定

三軸修正法集中講習会 

  7月13(1:30~),14,15日 10:00~17:00 (15日は~13:00) 

 場所 東京   新宿ニューシティーホテルにて

三軸修正法の東京における活動拠点 アシュラムノヴァ 03-3320-8931

主催の3日間 集中セミナーです。基礎から応用まで順を追って解説、体験

していただきます。アシュラム・ノヴァ(新宿区東京都庁そば)にて

毎週木曜日三軸修正法教室を開催。

ブログ「さんじくひろば」に受講者の体験談などを毎日更新中。

naniの会 松本セミナー    6月23日 10:00~16:00

  場所  長野県松本市 松本勤労会館 2階 会議室

「すぐわかろうとせずに、今は黙って聞いていなさい。」 池上六朗

「心がスーッと楽になる。Q点メソッド」 池上 悟朗

申し込み先 tel/fax 矢口 026-296-2000 Mail: yaguchi@nani.name 

                  tel/fax 滝沢 03-6421-5748  http://www.facebook.com/naninokai

MB式整体 & 三軸修正法ジョイントセミナー  6月30日 10:00~17:00

  場所 新宿住友ホール  スカイルーム1

申し込み http://www.mb-school.com/sanjiku/clipmail.html

      電話での申し込み MB事務局 03-5371-3142

 

2013年6月 4日 (火)

金魚誕生のふしぎ

さて、土曜日から日曜日にかけて二匹の金魚が産卵

翌日の月曜日にすでに受精に成功した卵の中に目玉が

でき、今日火曜日、つまり3日から4日目にして先ほど

最初の稚魚が卵を破って泳ぎでた。

生まれた直後にはなにも無かったものがたったの3日で

小さいながら魚になって泳ぎ始めたのだ。

水温は約23度ほど。卵の中でどれほどの分裂が繰り返された

のだろうか、卵は1mmほどの単細胞だが、すべてが2分割を

繰り返すと8回で256個になる。32回でパソコンで表せる数値の

最大値になり、それがまた数回倍、倍ゲームを繰り返せばもう

天文学的な細胞の数になるはず。それはいいとして、どうして、

動いているのだろうか。オートポイエーシスシステムが正常に

くるくる作動し続けているのだ。ふしぎ以外に言葉が見るから無い。

神秘?そうかもしれないが池上研究所はあえて「なりゆき」と

考えることにしています。この「なりゆき」が神なのです。
Nsmail
産卵から約1日半で、はっきり目玉と胴体が見られる。
Nsmail1
1日半では身体はまだ透明だが、時々くるっと向きを変える!
Photo
受精に成功したのはこのように全体の数分の一だ。
しろい卵は金魚にはなれない。
Photo_2
3日目、先ほど1番のりがすきな稚魚が泳ぎだしていった。
2番目の写真と同じ卵だが、まったく見た目が違いうのが
わかる。活発に向きを変えたりする。今日中にみな
泳ぎ出すのだろう。

不思議だ!さて、ざっと見た感じ100個を下らない数の

稚魚が生まれそうだが、、1匹か2匹いればいいんだけど、

どうしよう。 研究所に小さな熱帯魚がいるのだが

同じ水槽に入れるとあっというまに金魚に高級な熱帯魚が

食われると嫌われてしまった。(実際にあった事件です。)

すでに心配は養育に移っているのです。たった3日で!

2013年6月 2日 (日)

GE(ゼネラルエレクトリック)のパタパタ時計

ヤフオク!でいいものを見つけたのです。「パラパラ時計」知ってますか?

昔のドラマで空港の案内板がパタパタ音を立てて変わってゆく、シーン
見たことがあるでしょう。
Kagoshima_07
これが、雪の影響などで欠航という表示に変わるところを主人公が
呆然と見上げている、、でも、あきらめない!みたいなシーンです。
これと同じ原理で1分ごとにパラパラと四角い板がめくれて時刻が
変わるのです。風情で一杯ですね。しかも手に入れた時計は
GE製の舶来もの(中国じゃないんですよ。)このGE(ゼネラルエレクトリック社)
はエジソンと深い関わりがあります。物作り大好きな筆者はご満悦
しかし、出品者が20年前にアメリカで買ったというこの時計、それなりに
汚れたり、たぶん、油が切れかけているはず。で、早速分解です。
とはいうものの、ねじがたったの5本だけ、年代が古いのに合理主義
の塊のような作り、そして、中身の機械類に規制されながらこのシンプルで
美しいフォルムにうっとりします。誇らしげなGEのロゴ。アメリカが非常に
元気いっぱいだったときの一品です。1分経つたびに小さな音が「パタッ」
とします。そのたびに時刻が一方通行でいま!進行していると実感します。
_igp4482
フォントが何とも言えず美しいです。
_igp4472
上から伸びている時計の針の様な部品でめくれすぎを押さえています。
_igp4470
弱い部分にはプラスチックは使っていないので油を差したらまだ
10年は動いてくれそうです。
_igp4489
デザインのためのデザインではなく、機能のためのデザインです。
ル、コルビジェのモダニズム住宅かな?「パタッ」と時刻が変わる
たびに「ちらっ!」と何かが動く、見るたびにやっぱり美しいと
思います。
でも、、、オークションで人気無かったんだよなあ、どうしてだろう?
多分家庭の電源が60Hz専用で、東京の人が入札できなかったん
だろう。実はここ、池上研究所の松本市は電気的に関西圏なのです。
これは歴史的な理由があるんですよ。

金魚が出産!

先日、うちの金魚が大きくなりすぎたので環境をととのえたばかり

すると、今日、何となくいつもより魚臭いような気がして、水槽を見ると

_igp4428
大きめの金魚が小さめの金魚の腹を頭で押し上げるように追いかけ
それがかなりしつこい。4匹のうち、大きな2匹が小さな2匹を交互に
追いかける。
これが噂の金魚いじめかと思いながらしばらく見ているが、どうも
おなかばかりをつつく。それがかなりしつこい。
_igp4438
つつかれた方の金魚の表情をみると、どう見ても「ギョエ!」っていう感じ。
_igp4448
しつこいったらありゃしない。ネットで求愛行動かもしれないと

かかれた行動そのままなので、しばらく監視していると、突然
どこからか大量のつぶつぶが水槽一杯に漂う。「あっ卵じゃない?!」
次の瞬間水槽が白濁する。多分放精したんだ!だから稚魚が孵る
かも知れなくなったわけで、金魚に対して水槽が小さすぎると思って
濾過器を作ったばかりに環境が良くなって卵を産んでしまったのだ。

これで、いったいどのくらい金魚が増えるのか?そういえば昨日の
地方紙の「あげます」欄に、10年使った大型水槽を子供が見つけて
電話しようよ。と言っていたのを思いだした。直観が効いたのかも知れない。
金魚が卵を産むと、すぐに親に食べられてしまうが、なんと、卵は

作ったばかりの濾過器にポンプで吸われて親と隔離されてほとんどが無事。
さて、数日後に稚魚が何匹か卵から出てくるのかどうか、楽しみのような
複雑な気持ち。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »