2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月29日 (月)

光岡英稔先生との一日

日本における韓氏意拳の導師光岡先生に1日
 
     入門編を教えていただいた。
 
↓日本韓氏意拳学会 HP はこちら


http://hsyq-j.blogspot.jp/2008/07/blog-post_3001.html


光岡先生とは数年来のおつきあいだが、こんかい

長野市に光岡先生がお見えになると聞いて父と二人

1日体験に出かけた。


------------------午前の部-------------------

午前中は主に武道の心構え、基本中の基本である

立ち方、在り方、考え方などをみっちり、動きは少ないが

今までに 「そんな能力を発揮しようと思ったことがない」

「そんな能力が自分に備わっていると考えたこともない」

そんな能力を発揮して相手を意識せずに影響を与える

ための方法と、精神修養といえばいいのか。とにかく

「何をするのか」「どうやってするのか」「何に注意するのか」

すべてにおいて私たちはどのように存在することが可能なのか

という深い哲学ありきなので、形から入っては大間違いを

犯してしまう。
言葉の一言一言に非常に厳密な光岡先生

に直接お会いして
、半日は体を動かしながら真摯に耳を

傾けるべし。 こんなことしかレポートできないのです。すみません。


------------------午後の部---------------------

午後は見た目、武術そのものの練習。だが、型と精神の状態

は一体で分けられないから「どんな練習をした」と見かけだけ

つたえても意味はない。ただ、、「ナイフ持って急所を突いてきた

相手から、見た感じ簡単にナイフを取り上げることができる」

という今まで考えたこともない技がある。しかも
とてつもなく

簡単そうに光岡先生は見せてくれる。
とわかっただけだ。

もう一つ、山形の女性が米俵を一人で5俵(180kg!!)

担ぎ上げている写真を見せていただいた。

人間の能力は半端じゃない!


とわかった。能力を思い出すのに武道の型が使える。

なんだ、おまえは一日で何にも会得して無いじゃないか!と

言われても仕方ないので昼食の際、光岡先生に質問

した内容だけお伝えします(かなりまぬけな質問で恐縮です。)

「よく時代劇で突然矢が飛んできてよけるシーンがありますね。

四六時中神経を張り詰めていたら何もしないのに疲れ果てて

しまって能力を発揮できないのではないですか?」

「あっ、そうじゃないです。張り詰めていたら固定してしまって

まったく動けない。いつでも「動ける」そうあるのが理想です。」

ふふふ、、これだけじゃ、何のことか分からないでしょう。

1日先生と一緒だった私にはこの言葉の意味が分かるのです。

それから、私はQ点を知っています。どんなに難解なことでも

どんなに不可能に思えることでも「受け入れる」とはどんな作業を

することなのか明確に分かっているので、気持が楽なのです。


「受け入れる」作業も「許す」作業も、「納得する」作業もみなQ点

からすると同じ事をするだけです。それ以外出来ることもないのですね。

今まで行ってきたどんな方法論(治療法も含む)もいっさい邪魔せずに

能力、効果、を上げるためのエッセンスは間違いなくQ点との関わり合い

そのものだと先生のお話から確信しました。そんな意味でもとても

意義ある1日でした。池上先生もとても77歳とは思えないチャレンジ

精神で一日稽古を終えました。三軸修正法は健康長寿の秘密が

ぎっしりと詰まっていますよ。

光岡先生ありがとうございました。

それと、長野市に光岡先生や韓氏意拳の先生を招いてくださっている

合気道自在館道場 の小林先生、ありがとうございました。
また、参加させていただきます。

2013年7月 8日 (月)

CDよりも高い音を聞くと健康に

130707_142124
        インドのガムラン。浜松楽器博物館。

とても珍しい体験をしに、池上先生と浜松に往復しました。

人間に聞こえる音の周波数は約20ヘルツ(1秒に20回)から
約20キロヘルツ(1秒に2万回)までという事になっている。
でも、それよりもっと高い音を人間は耳以外でも聞いていると
いうのだ。しかも、健康に良いのはそのようなCDにも入っていない
高い音だという。
聞かせていただいた装置は3万~5万ヘルツのでるオーディオ機器
実はCD(コンパクトディスク)には全く入っていない音なのです。
もちろんMP3プレーヤーなどもっとダメ。
最近SACDというレコードが売り出されているのはそんな理由からで
CDが切り捨てている情報が、いい音楽には無くてはならないのです。
さて、それでは体験、聞き始めてほんの数分で体験した3人はみな
頭の後ろに広がりを感じて、顔色が赤く、手も温かくなってきました。
脳の、原始的な部分の血行が良くなるのです。
この現象が、音楽を聴いて「気持ちいい」の原因かも知れないので
すが、残念ながら現在のCDではカットされるので聞けません。
LPのほうが音が良いと言っているオーディオマニアの人たちは
そのことを体感で分かっているのかも知れません。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »