2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 池上悟朗のプレセミナー「機能姿勢はすごいんです」 5 | トップページ | 今年もお世話になりました。 »

2014年10月21日 (火)

池上悟朗のプレセミナー「機能姿勢はすごいんです」6

機能姿勢はどうやって実現できるのか

これをブログ上で説明しようとして随分

考えた のですが、やっぱり難しい。

なぜかと言えばきちんと 機能姿勢を数回

から10回ほど実現できれば あとは

「あの感じか!」と分かるのですが、

指導者が 一緒にみて、ヒヤリングしながら

でないと、確認が 出来ないからです。

本当を分からない人の質問に 答えるわけにも

いかないですからね。

台所に立って包丁を持ったまま、機能姿勢が

取れると その途端に疲れが数分の一になり、

考えることも明るく なって、機嫌が良くなる。

こんなふうに書いても誰も信じられないでしょう。

信じられ ないことを実現したのかどうか、

先輩がそこにいないで 分かるはずが無いのです。

アシュラム・ノヴァの会員さんは「機能姿勢」と

「感動体験」 は別なことだと思っておられることと

思います でも、実際には両者はこういう関係なのです。

「機能姿勢」が正確にとれれば「感動体験」を想う

のと同じ ことが起きます。

「感動体験」を正確に想えたら「機能姿勢」をとった

ことに なります。 これがそのまま施術の効果を決める

という授業をたくさん 父の指導の下に体験されていると

思いますが、その通り なのです。

キーワードは「正確に」です。正確に出来ていなければ

意味が無いのです。それほど非常に厳密ですが、

練習を通じて 誰でも出来ることなのです。

ここまでは10年かかるなどという ものでは有りません。

 それでないとセミナーの意味が無い。

機能姿勢が世の中に広く知られるようになれば

治療院の 仕事は「機能姿勢の指導」となってしまう

かもしれません。 なぜかと言えばいつでも機能姿勢を

保つことが出来るまで になったら、いわれの無い

(つまり医療機関で検査しても なんともない)身体の

不調は無くなってしまうかもしれないから。 ついでに

心を病んだりもしなくなるからです。

でも、実際30年も父が言い続けているのにちっとも

広まらない それこそ今度の三軸自在の会がついに

解こうとしている課題です。

« 池上悟朗のプレセミナー「機能姿勢はすごいんです」 5 | トップページ | 今年もお世話になりました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538886/60521722

この記事へのトラックバック一覧です: 池上悟朗のプレセミナー「機能姿勢はすごいんです」6 :

« 池上悟朗のプレセミナー「機能姿勢はすごいんです」 5 | トップページ | 今年もお世話になりました。 »