2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 池上悟朗のプレセミナー「機能姿勢はすごい」3 | トップページ | 池上悟朗のプレセミナー「機能姿勢はすごいんです」 5 »

2014年10月17日 (金)

池上悟朗のプレセミナー「機能姿勢はすごいんです」 4

 機能姿勢の機能と特徴を紹介してきたのですが。

ここで、三軸修正法として世に問いたいもっとも大事な

情報 をはっきりお伝えしなければなりません。

「真っ直ぐな正しい姿勢は健康とは関係ない」

 何度言っても言い足りないこのひとこと。

よく考えて下さい。「真っ直ぐな良い姿勢」は100人の

人が居たら 多分99人ぐらいの人にとって、長く続ける

のが大変な姿勢なのです。 こんなこと、学校で長時間

校長先生の話を聞いたことがある人なら 誰でも知って

います。だから、理屈っぽく言えばこういうふうにも言え

ませんか。   「快適な姿勢は、真っ直ぐの正しい姿勢

ではない姿勢」

いったい「健康」とはどういうものですか?少なくとも

「快適な状態」 を言いますね、「不快な状態」は健康では

ありません。当たり前です。 だったら、肩の凝る、息苦しい

真っ直ぐな姿勢は 「健康に悪い」のです。

だって、いつでも正しい姿勢より楽で快適な姿勢がある

んですから。 長時間気をつけで立っていることは気分が

悪いでしょう。だから小学校 でも、「気をつけ」はほんの

数十秒で「直れ」「休め」と号令を掛けます。 つまり、

真っ直ぐな正しい姿勢が無理なことは誰でも知っている

こと なのです。  真っ直ぐな正しい姿勢はどんなときに

良い姿勢だと呼ばれますか? それは集団の一員となった

ときだけです。つまり「社会的に(外の人から見て) 良い、

美しい姿勢」なのであって、もともと個人の健康とは関係

ないでは ありませんか。まったくおかしなことです。

 

« 池上悟朗のプレセミナー「機能姿勢はすごい」3 | トップページ | 池上悟朗のプレセミナー「機能姿勢はすごいんです」 5 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538886/60493278

この記事へのトラックバック一覧です: 池上悟朗のプレセミナー「機能姿勢はすごいんです」 4:

« 池上悟朗のプレセミナー「機能姿勢はすごい」3 | トップページ | 池上悟朗のプレセミナー「機能姿勢はすごいんです」 5 »