2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2012年7月 8日 (日)

キックの鬼だ-!

朝7時に松本インターから新宿を目指して出発!

生まれて初めて夫婦でキックボクシング観戦なのです。

Kyousuke Oshikata 選手を応援します。

ビルの7階に黒でまとめた座席に囲まれて派手な戦いの

ステージはありました。スポットライトのような、照明機器が

数十台つり下がり、思ったよりリングから近い席に座って

待ちました。彼の出番はかなりメインイベントに近いポジション

普段、あんなに礼儀正しく大人しい印象の彼なのに、鍛えられた

体は派手な証明にぎらぎら光って他の選手より幅広く見える

肩は隆々とした筋肉に覆われています。まさに野獣。

敵を威嚇したり誘ったり、激しい激しいパンチとキックの応酬が

続き、会場全部で応援合戦。勝ちが決まったときにはつい、

仲間と抱き合ってしまいました。来週は集中講習会で会いましょう。

Kyousuke Oshikata選手。本当におめでとうございました。キックの鬼だ!

Osikata1

2012年4月 6日 (金)

一生に一度はお伊勢参り

4月の年度替わりで、というわけではないけれど背負い込んだ

ものが重くなってくると??!お伊勢様へ置きに行ってくることに

しています。いいですよー!
やっぱり日本中の神社の総本山ですからね。

確実に軽くなるのを感じます。患者さん相手の方は思い切って出かけ

られたらいかがでしょうか。

伊勢神宮とよく呼ばれますが、ここは「神宮」と呼ばなければ

なりません。他の神宮とは格が違うのです。間違えないようにしましょう。

今回はなんと、だいぶ遅いようで、五十鈴川と神宮周辺に桜が咲いて

いました。非常に祝福された感が強くてありがたさも倍増ですね。


_igp2108
橋を渡ったところに桜が咲いていました。この「右側通行」の立看板、お伊勢参り
経験者なら記憶にあるのでは?
_igp2173 このお馬はただの馬とは違います。2010年7月に皇室から献納された神馬

「国春号」です。いつも馬房は空でなかなかお目にかかれないとまわりで

見ている人が口々に言っていました。今日は特別。ありがたいことです。

_igp2181 こちら神宮の錦鯉です。うちにいる20cm近くにもなったフナ金君たちも

こうなって欲しいものです。左下の赤黒鯉、美しい。見とれてしまいました。

私はこういうところに来るとなぜか、「シャッターを押してください」とすごい

頻度で頼まれます。今日は中国のカップル、なんとなーくそっと近づいてきて

「エクスキューズミー」、、「オーケー、オンリープッシュディスバタン?」

「ワンツースリー!」「サンキュウ」「ヨアウェルカム」みたいな感じ。

アジア人同士が下手な英語で会話しあうという奇妙な体験をしました。

国際交流の一幕に日の丸が桜の頭の上、遙か高くにたなびいていました。

2012年2月22日 (水)

プレセッションマスター 完成!

三軸修正法修正の特徴に、身の回りにある物理法則を有効に使いましょう

という考え方がある。そのなかでとても身近なのに、誰も意識したことの

ない「プレセッション」という原理があるのです。

自転車やバイクに乗る人はよく注意して欲しいのです。前進中に僅かに

左右に車体を傾けると自然にハンドルが同じ方向に切り込んでいくでしょう。

ほかの要素もあるのですが、そこに「プレセッション」という原理が働いて

いるのです。このプレセッションマスターは、その教習具です。

僅かに車輪を回転させてもう一つの枠に手を置くと不思議な方向に

車輪が向きを変えます。内田先生が合気道の技とプレセッションの

原理を照らし合わせると本当に古来の合気の技の数々とプレセッションが

合理的に融合していたと教えてくださいました。原理を学ばなくても

昔から体感的にわかっていたのですね。達人かどうかはここで決まります。

今回予約を含めて6台制作してアシュラムノヴァで販売します。車輪は

フォールディングバイクの老舗ダホンのスポーツ用を使用しました。

その上、木部は家具材の「楢」で出来ています。ずっしりと

重い今回のプレセッションマスターは眺めて惚れぼれです。

Imgp9814

2012年1月27日 (金)

三菱MiEV(ミーブ)試乗

池上研究所の車が車検なのですが、代車に置いていってくれたのが

なんとあの電気自動車ミーブです。軽四なのに超高価なのですが、

これは乗ってみるっきゃない!ということで、母と妹、息子を乗せてさて

駐車場からバックをしようと思ったのですが、これが、、、、、動かない!!

スイッチは入っているし、エアコンも入っている。あわてて説明書を見ても別に

「始動する前に「ミーブおはよう!」とか呪文が必要とは書いてない。

    なにもしないのに壊れたのか!!!!、、、まさかあ! 

こまって三菱の人に電話すると、エンジンをスタートするときのようにスイッチを

ONの向こうまで捻り、約1秒待つと READY の文字がメーターに出ます。

それで初めて動けるようになるんですね。メーターの真ん中がデジタルの

スピードメーター。その周りに赤いタコメーターのような針が動きます。

おかしいなあ、回転数はギアがないのだからスピードと一緒。必要なし。

それでは何?と表示を見るとecoとかspeedとか、アクセルを踏み込むと

針が上がってゆく。  ああ、 つまり電流計だ。とわかったのです。

加速感、その他は全くエンジン車と同じフィールです。意外なほどパワフル

に走る電気自動車です。音はといえばたしかに小さいけれど、うちの40年前

ビートルじゃあるまいし、(ミーブの窓越しにこっそり自分を主張しています。)

最近の車はエンジンの音がボロボロうるさいわけじゃないから、静かすぎて

気持ちがわるいということはありません。

これでいったい何キロ走れるのだろう。くわしくはこちら そこで乗員から

の素朴な疑問。「ガソリンより電気代が安いって(1/10)いうけれど、

天然ガスから作る電気のほうが燃料そのままのガソリンより安いって

どういうこと?」たしかに、ガソリンの9割が税金とかじゃないと変ですね。

おもわぬ体験ができました。三菱さん、ありがとうございます。

Miev1 Miev2 Miev4

2011年6月19日 (日)

帆船見学のポイント2

今日までのポイントを全部一読してもらえれば退屈な時間が心躍る価値ある時間にトランスフォームする。なんでもそうだけれど予備知識を仕入れてから、、例えばレコードのジャケットの裏(これねえ、、CDに挟まってるのじゃイマイチなんだ。LPの真四角な厚紙にびっしり書いてあるのがたまらないんだよな。なにせ、リモコン持ってCDの豆本を机において、下向いてめくっているより、レコードに針を落としてゆったり椅子の背もたれにうっつかって(信州の方言)LPのジャケットを遠い目で眺めながらのほうがが絵になると思うんだな。)を読んだ後、聞く音楽の方が豊かに感じるのは当然だものね。

おっと、こんな話をするとセンセイが「でも手枷足枷(てかせ、あしかせ)で縛られるってことだぜ。」と待ち構えたように言うのだ。知識というのは三軸の自由と正反対の一面があることに注意しましょう。見えない部分が知らずに増えてくるのも知識の副作用ですよ。

数多ある事象をクリシェ(常套句)や ステレオタイプ(固定観念) をどんどん仕入れながらも自分独自の感性を失わないこのバランス感覚は人間にとって快適か?野生動物としては不快に決まってると思いますが高度に楽しめてこそ脳が肥大化した価値があるというものです。

この板きれにひもの付いた道具を見て下さい。これで船のスピードを測定します。左の砂時計をひっくり返した瞬間!板きれを海面に着水させます触らないでいるとするするとひもが伸びていく。そして砂時計が最後の一粒になった瞬間、甲板上を伸びていくひもを押さえつけると、単位時間内に船が進んだ距離が測定できたわけです。つまり速度を計算するのに必要な材料がそろったのです。では、出て行ったひもの長さを物差しで測るのか?いえいえ、あらかじめひもに赤いマジックで印を付けておけばいい。本物は下の写真のように複数の結び目があとから横向きに付けてあります。
Photo この結び目(knotノット)の数を数えるとひもの長さどころか、すでに計算済みの速力として直読できるのです!!!!直読ですよ!!すばらしいシステムです。私は商船学校の学生時代、感動したのです。計算しないで速度が分かるのですから。多分何千年も昔から出来ていたのでしょう。(砂時計じゃないかもしれませんね。)速度が分かると、既知の目的地にあと何日で到着するのか分かるでしょう。脳が次の計画を立てられて安心します。食料を思いっきり食べても大丈夫か、約束の期日に到着できるのか、そんなふうに「工夫」はすべて不安な脳が安心するために作られ、発展するのです。
Knot この結び目は6個。多分6ノット(時速約11km)を表すのでしょう。赤いマジックの印を付けた人がいるようですね。では、なぜ赤印でなくてこんなじゃらじゃら結び目を付けるのかといえば、、船は夜余分な明かりを付けられないのです。相手の船との約束事が破られてしまうので出来ない。この結び目ならば「手探り」でスピードが読み取れるのです。ひもを止めたところから近くの結び目を探せばよいのです。感性鋭い人は気がつきますね。「暗かったら砂時計が見えないじゃないか」と。その通り、月明かり、星明かりに透かせると何とか読める。新月の時にはもう一人に手伝ってもらって、明るい部屋から「いちにのさん!」と声を掛けてもらえば可能です。30秒くらいなら「いーち、にー、さーん」と唱えてもなんとかいけます。と、こんなシンプルな道具はだれから教わらなくても見ただけでその場で工夫して、ねらい通り使える能力がこの偶有性に満ちた世の中を生きていくのに必要ですよ。いや、ねらいを越えた使い方を想像出来なきゃ人間と言えません。この板きれとひもから何を連想しますか?

2011年3月 3日 (木)

ガラス工房

松本から30分ほどで国営アルプス安曇野公園の方角へ、絶滅危惧種オオルリシジミを地元の小学生が頑張って育てていると聞いている。クララという咳止めの薬になる植物がないと育たない。池上研究所のお隣は浜栄一先生。日本でかなり著名な蝶の研究家だ。蝶は意外なことに行動半径がとても小さい種が多い。オオムラサキなど500m以内に榎の木がないとそこで行動範囲は限度になる。ということはメスを探せなくなるので絶えてしまうのです。なんの気なしに一本の庭木を切ったらその周辺の蝶がひと種類消えるのですね。公園ではなくてそのすぐ近くの安曇野アートヒルズミュージアムで食事をしたのだけれど、、なんの話か。安曇野の近辺はとかくクラフトマンが多いのです。プレゼントでも気軽に相談すると世界に一つしかない品物を普通に作ってくれるかも。僕はそんな職人さんと話をするのが大好きなのです。