2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

趣味

2011年9月16日 (金)

世界一安全な車  でも、突然爆音が、、 

今日、愛車で冬の薪にする丸太を買い付けに行った。

帰路、突然、耳をつんざく猛烈な音に包まれました。

薪ストーブの丸太をこの写真の量4m長で1万円ほど。

こういう丸太は皮が剥けてしまうと種類が分からず

家具材としては売れなくなってしまうので狙い目です。

写真の車、2年前に友人から譲り受けて約2万キロ走破

しました。1974年製だから40年近いご老体です。でも、
     
部品がないから大変でしょう?

      --いいえ、3日以内に手に入らない部品は一つ

        もないです。新品のエンジンも売ってますよ。

ハンドルが重くて大変でしょう?

      --いいえ、後ろにエンジンがあるので軽々です。

高速に乗れなきゃねえ。

      --ご心配なくETCもつけてありますよ。

保険が高いんじゃない?

      --見積もりしてみて、最低基準の下の金額。

        つまり、何年も誰もぶつかっていないワケで

        最高に安全な車なのです。

壊れないの?--こわれる場所がどこにもないんですよ。

          コンピュータなんか使ってないし。

でも実はマフラーに3cmの大穴が開いたんです。1600CCの

車ですがどんな音がすると思いますか?はっきりいって

田舎のスズメ脅しという爆発音のする装置が1秒間に

10回ははじけるような音でした!選挙演説も真っ青!!

迷惑至極で道ゆく人が全員こちらをジロジロと見ます。

金網と針金で穴を覆って、耐熱パテをペタペタ盛れば応急処置の

できあがり。そういえば本田宗一郎の自伝にも「針金で

車の修理が出来たときは面白かった」とか書いてあったなあ。

自分で直せるなら「こわれた」って言わないでしょ! ????

Zaimoku
Beetle