2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

音楽

2013年5月12日 (日)

クリスキット、偏屈だったその人は優しかった

Priamp


ちょっと前のオーディオファンならなんとなく聞いたことがある


クリスキット」とは
桝谷さんという社長が細々販売していた

組み立てキットのオーディオシステムのこと。10年以上前から

我が家の音響はこれと、いただいた手作り真空管アンプだ。

桝谷さんは残念ながら亡くなってもう十数年も経つが、有名な毒舌で

世の高級オーディオシステムのことをぼろくそにけなす頑固親父

あるいは未だに神だとあがめている人も居るカリスマだ。かたや

私はオーディオマニアでもなんでもなく、手頃な価格でアンプなんか

作ったら楽しいなという程度の電子工作オタクだった。

クリスキットコーポレーションに軽い気持で電話をすると

「あんた、音楽は何を聴きますか?」といきなりつっけんどんに

切り出される。こうなったら「クラッシックオンリーです。」と

嘘を言うか、または「なんでも気に入ったものを」と、絶対に

気に入られそうにない答えを言うかしか選択肢はない。

でも、こういう人に要領のいい嘘は絶対に言っちゃいけない。

そこで実際に「
ニュースから、英検のヒアリングの練習、

なんでもきれいな音で聞けたらなあと、、、
」と絶対に嫌われそう

な答えを選んだ。僕はこういう職人気質の人ときわどい話を

するのが好きなのだ。電話を切られなければ仲良くなれそう。

早速、思ったよりもかなり強力に攻撃されたが、まあお楽しみ

こだわっている職人気質の人と話すにはこれくらいは普通だ。

あんた、音楽なんかきいてないね、違いが分からないから

やめときなさい!
」 「どうせ楽器もやらないんだろう?!

もったいないだけだからおすすめしない。

ポンポンとよくもまあ、言ってくれるなあ!こっちは客だぞ!

どしどしと応戦するが、不思議なことにしばらく経ってくると

情が移ってくるものだ。「
あんた(僕のこと)も頑固だなあ!

その時はそんなに毒舌で有名な人とは知らなかったから

今からすると、あの
桝谷さん「あきれるほど頑固だ」と

言われたなら勲章
みたいなものだ。

あんたがあんまりしつこいから、まあ、

いい、売ってあげましょう
」 「私の妻も長野県人だから、

そのよしみで、しかたない!
」 商品を売ってもらうのに

こんなに大変だったことは前にも後にもこれっきりだ。

桝谷さんの奥さんが長野県人じゃなかったら売ってもらえ

なかったのかと思うと何年経っても笑いがこみ上げてくる。

でもその翌年、亡くなってしまった。あんなに偏屈な人との会話・・・

めったにないが、僕の祖父も発明家でそんな感じだったから

楽しかった・・・・・・・・・  

それにしても、未だにオークションで当時のキット価格と

あまり変わらない値段が付けられているのは驚き。

音質について、諸説紛々大好きな人と大嫌いな人が

いまだに意見を戦わせているが、100万円を超えるような

オーディオ機器とたったの数万円のキットの音を比べて

いるだけですごいことだ。僕は自分で作ったものは子供か

愛犬のように愛おしい、買っただけの高級アンプには

この部分の採点が0点なので値段と全く関係なく比較の

しようがないのです。説明書も付いてきた写真も酷かったが

一回で音が出たから、必要にして十分だったのだ。

では、その桝谷英哉氏の音とはどんなものか。

どこに何の楽器があって
ボーカルはここに立っていると

はっきり分かるような、音象がくっきりした味付けゼロの音。

音源によってはまさにそこに人が立っているようです。

でも、深みを表現とか、華やかに聞かせるとかの意図なし。

不必要なものをどれだけそぎ落とせるかにすべてをかけた

桝谷英哉氏の哲学が感じられた方がいいかどうか、

素材が良ければ調味料はいらねえ!という感じ、僕は好きです。

プリアンプはMark8D, パワーアンプP35Ⅲ、

スピーカーは 200Lのエンクロージャに
Technics 16cmフルレンジ

CDプレーヤ SONY CDP-XE700 (安いがこれ以外は駄目だと仰る)

散々ひどいことを言い合った後で、なぜか一つ一つ丁寧に


桝谷さんのお気に入りを教えてくれた。僕も何回か電話で聞くたび

とったメモを守って
全部教わったとおり、

スピーカーのコードなんか家庭の
1m100円の電源コードだ。

それで十分だと言うんだもの。

ああいう偏屈な人、もっともっと沢山いたら楽しいと思う。
Poweramp

小学生の時、畳店の職人、無口な大工、仕事している

姿に長い時間見入った、一言も声をかける訳じゃないが

お互いに存在は知っているし、その上で危険がないように

ときどき気遣いながら見学を許していた。

それは言葉ではない、本物の優しさだったと思う。 

Speaker

これ、カメラをどけたら、デザイン的にどうなんでしょう。

あまりに空白が大きくて不格好でしょう。この箱、不似合いな

ほど重いんです。板の厚みが3cm、中身のグラスウールは
建築用の高密度のもの。建設やさんに頼んで入手しました。